和家具が演出する和風インテリアの魅力

2014/10/1 更新

 

囲炉裏

 囲炉裏とは ??
  伝統的な囲炉裏は伝統的な日本の家において、床を四角く切って開いて灰を敷き詰め、薪や火をおこす為に 設けられた場所です。

おもに暖房、調理目的に使用する。 家によっては複数の囲炉裏があり、身分によって使う囲炉裏が分けられていた。 火の神様をまつる事も多かったそうです。

囲炉裏の機能とは??

暖房

   部屋の中央付近に置いて、部屋中を暖める。

調理

   炊飯をはじめ色々な煮炊きを行う。串に刺した魚などの食材を火の周囲の灰に刺したり、  灰の中に食材を埋めて焼くことも多い。

照明

   火が主要な照明であったこの時代は、囲炉裏は安全に家の中をを照らす手段でした。

乾燥

  火棚を組んで、衣類・食料・生木などの乾燥に使用しました。

家族団欒

   家族のコミュニケーションの中心。食事中、夜は自然と囲炉裏の回りに集まり会話が弾みます。

家屋の耐久性向上

    部屋中に暖かい空気を流す事により、木材中の含水率を下げ、腐食しづらくします。

最低限必要な道具とは??

火鉢本体(瀬戸火鉢、長火鉢等)

   日本の暖房器具のひとつです。中で炭を焚き使用します。

木灰(木灰、藁灰、代用品等)

   木を焼いて出来た灰。石灰を多く含んでいるので、陶芸の釉薬に  昔から使用されています。

木炭(備長炭や黒炭等)

   木を蒸し焼きにして炭化させた燃料。また、脱臭剤や脱色剤にも  再利用が出来ます!畳間にはやっぱり囲炉裏ですよね。

炭ばさみ(炭火をつかむもの)

   炭はもちろんとても高温になっていますので、はさみを利用します。

火起し器(七輪でも代用可能)

   炭を焼く際に使用する鍋の事です。喚起を充分にし行いましょう。
 
囲炉裏で出来る料理とは??

焼く

   食材を火の周りにさして焼きます。おすすめは、魚の塩焼き、きりたんぽ、野菜(たれをつけて)。

煮る

   炭の上で、煮物が出来ます。冬は、鍋やシチューなどをみんなで囲んで食べるとより一層美味しい。

蒸す

   炭の上で、蒸し料理も出来ます。いつもより多めに炭をひき行いましょう。  魚や野菜などヘルシーで美味しい。

揚げる

   炭の上で、天ぷらも出来ます。各自好きな物を自分のペースで揚げれるのは囲炉裏ならではです。

ソファやソファベッドは優秀なインテリア家具ですが、さすがに囲炉裏が置かれているような和室には置くことはできません・・・。畳間には畳間の良さがあり、洋風のソファが似合うへやには独特の良さがあるものですから、部屋の特徴に合わせた家具や小物を置くようにしましょう。

recommend

プリンスホテル
http://www.princehotels.co.jp/