和家具が演出する和風インテリアの魅力

Last update:2014/10/1

  

お仏壇

寝具であるベッドを置く寝室には置けませんが、基本的に仏壇は先祖を祀るための大切な神域。寝室に置くことはできないため大概は応接間、または個室に置いています。下記にいくつかの仏壇の種類を掲載していますので、和の家具の一つとして是非一度目を通してみてください。

お仏壇の種類

金仏壇 
  金仏壇は、桧や松、杉を材料に、漆を塗り、蒔絵をし、金箔を押し、彩色し文字通り 金色に輝く豪華なお仏壇です。宗派により作りが異なります。 経済産業大臣によって伝統的工芸品に指定されている産地は15箇所になります。   
唐木仏壇
  唐木仏壇は、黒檀や紫檀など硬くて美しい、高級輸入材を用いた 荘重な趣のお仏壇です。その歴史は江戸時代にまで遡る事ができます。 現在、唐木仏壇の量産地としては、会津、静岡、徳島が有名で   徳島は高級唐木仏壇の産地として知られています。
創作仏壇
  ライフスタイルの個性化に伴い仏壇も多様化し、洋風化が進行した為、洋間にも合うモダンなデザインのお仏壇も販売されています。場所を選ばずに置ける事から現在は選ぶ人も多いそうです。
 

お仏壇の清掃

金箔部分のお掃除
  金箔は直接手で触ると指紋がついてしまいます。濡れた布や、力を入れてふくと 金箔がはがれてしまうので注意しましょう。 金箔部分は仏壇専用の毛バタキでほこりを取る程度にし もし指紋などをつけてしまったら注意して柔らかい布で軽く拭き取ります。
漆塗り部分のお掃除
  漆塗りの部分はとても水に弱いので、水拭きは厳禁です。綿の柔らかい布、ガーゼ等で汚れを軽く拭き取ります。 堅い布で拭いてしまうと傷がつく事があるので気を付けます。 水を使う仏具では、底に水分がついてしまう事があって、漆が剥げることがあります。 底を乾いた布で 拭き取ってから仏壇に置くようにして下さい。
金具部分のお掃除
  仏壇には真鍮の金具が多く使われています。真鍮は水分や塩分によってとてもさびやすいので 直接手で触れないように注意し、柔らかい布で軽く汚れを拭き取って下さい。

お仏壇の再生
年数が経って、煤けたり金箔が剥げたりした仏壇を再生することが出来ます。
仏壇を分解し、木地修復を行い その後改めて塗装や金箔を施します。 仏壇を製作する時と同じ工程の手間を掛けますので、1ヶ月半以上の時間がかかり、料金も海外のお仏壇を購入する位かかります。

Valuable information

Last update:2017/3/30