和家具が演出する和風インテリアの魅力

Last update:2014/10/1

ソファの魅力、貴方は気づいていますか?

みなさんはリラックスできるくつろぎスペースと言えばどこですか?家のソファの上、ベッドの上、冬ならこたつの中、男性の方なら書斎、女性ならキッチンと言う方もいるかもしれませんね。ですがほとんどの方はリビングのソファでリラックスしているのではないでしょうか?

昔は和室(居間)と応接間とすっかり部屋として独立していて、玄関近くに応接間があってそこにソファがあるといったスタイルでした。そしてそこで横になってリラックスすると言う事はなかったと思うのです。またお客様がこられた時に利用するだけといったところでしょう。

ソファで癒し・やすらぎ・リラックス

今はソファはリビングに置く物でリラックスタイムを楽しむという一般的な常識ができているもの。今のリビングは和室ではなくて、キッチンと一体化した広いスペースで薄型のテレビに向かい合ってソファが並んでいるといった形ですね。そしてその横に対面式のキッチンがあることが多いです。特にマンションなんかは既にそういったスタイルですし、新築のお宅もそういうリラックス画出来る空間としての位置づけでしょう。

ですから帰宅して家でくつろぐリラックス時間と言えば、リビングのソファという方が多いのでは?そういった点で今の主流のソファは、リラックスソファが流行している原因。リラックス出来るソファというのは、やはりクッションも厚くておおきい座面、背もたれも低いよりは高く、肘あてもないよりはあった方がリラックス効果も高いでしょう。

座面までの高さもあまり高すぎるとリラックス感が感じ取れない。そういった点ではシンプルな一人ぐらしのような小ぶりなソファよりは、大型の横たわれる程のソファがリラックスしやすく人気なのです。人気商品として売れているのが良くわかります。

日本の住宅事情からして、あまり大型なソファが適しているかいう話になり、最近は以外にもリビングは広く設計されるので、もともとリラックス出来るようになっている。欧米化の為にリビングのキッチンの仕切りがあまりなく、広い空間でくつろぐリラックススタイルです。ですからソファも大型でその上で家族みんなでリラックスといった形をとっている。

マンションなども意外にリビングは広く作られており、空間としては置く事ができるのですが、搬入がすこし困る場合もあります。エレベーターや階段や、ドアなどマンションは入り口がせまいのです。リビングを広くとる為の兼ね合いからでしょうか?

どうしても入り口や廊下などは狭く設計されているので搬入が無理という結果になってしまうことがあります。その点でリラックス出来なくあきらめるもの悲しい話ですから、家具メーカーの激安ソファのu lifeさんには搬入できるよう、多少の組み立て式にしてもらうとか、すこし小ぶりでもリビングではリクライニングなどでリラックス出来るなどの工夫をしてもらいたいですね。

リビングで床の生活になった日本人ですが、やはり直接床に座ることでリラックス出来ると言う人も居ます。ソファがあってもカーペットなどの上でリラックスする事もよくあります。そしてソファがあるけど、冬にはこたつを出したり、コーヒーテーブルなのにソファに座ってコーヒーを飲むよりも床に座って飲んだりもします。

ですからソファもロータイプが良いのです。床に座ったとしてもソファーに横たわれますし。ソファに座ってもロータイプなら床との距離感も近くてくつろげるのです。ですからリラックスや癒しというキーワードからはロータイプソファが人気です。

ソファの魅力・効用・効果

ソファの効用には他にも色々有ります。ソファの効用、効果と言うことで、このソファメーカーが謳っているのはソファによる癒しとリラックス・くつろぎと言う点です。

それでは何故ソファによって癒しやリラックスが提供されるのでしょうか。このソファメーカーのソファの場合、所謂丸肘を採用しています。このソファの言ってみればあまりモダン過ぎない言わば優しいフォルムこそが、所謂ナチュラルテイストのお部屋にぴったりマッチします。そんなところからソファによる癒し、リラックスの効果が発揮されるのです。

?またこのソファメーカーのソファは、ソファの利用者が部屋でリラックスする事を目的として開発されています。始めからソファでリラックスタイムを満喫することを考えて開発設計されているのです。?

例えば皆さんにわかりやすく言うならば、応接間等でお客様をおもてなしするソファというよりは、寧ろ家族がリビングでリラックスして過ごすことを前提としてソファが開発、設計されています。またその辺りを鑑みてソファの座面の奥行きや、或いはソファの座クッションの固さ等の研究をこのソファメーカーでは重ねているそうです。そしてその結果ソファの究極の座り心地を開発しリラックス効果を高めました。

このソファメーカーの開発担当者に言わせれば、例えばいつ見てもソファの上に家族の誰かがいる、と言ったようなイメージでソファを開発したそうです。そんなソファの有る心地いいリラックスできる暮らしが始まるように、このソファメーカーでは願っています。

ソファを飽きさせない工夫

ソファメーカーがアピールしているポイントの一つが、洗える、そして飽きさせない、と言ったカバーリング着せ替えソファです。 このソファメーカーでは「汚れたら洗える」と言った点をアピールしています。皆さんはソファに対して、特に布ソファの場合、「布ソファは汚れやすそう」等と言った心配をしていませんか。

このソファメーカーのソファは、そんな心配を吹き飛してくれるような所謂カバーリング仕様になっています。またこのソファメーカーの場合、ソファの所謂汚れやすい肘部分だけ更に肘カバーをつけています。従ってソファの肘カバーを簡単に取り外す事が出来て大変重宝します。また子供のいる家庭もこれによって安心です。

またソファのカバーが洗えると言ってもカバーは所謂天然素材ですので、もしカバーを水洗いはすると縮みが生じます。従ってカバーをドライクリーニングに出す事をお勧めします。?またこのソファメーカーではソファのユーザーに飽きさせないと言う事も考えています。リラックスだけでなくココまで考えているとは嬉しい限りです。

それが所謂フルカバーリングソファと言う形で体現されています。このソファの場合、ソファの座面やクッションのみでなくボディフレーム本体も着せ替え可能となっています。シーズン毎に着せ替えてソファのイメージチェンジをリラックスさをリフレッシュ、或いは少し飽きてきたなぁという時にはカバーのみの買い替えも出来たりします。それによって皆さんの部屋の雰囲気を一新出来る、と言ったリラックスできる魅力も有ります。経済的に見た場合も優れもののソファです。

また此処のソファメーカーではソファの素材にもこだわっています。何と言ってもソファの素材は肌に触れるものです。だからこそこのソファメーカーではソファの素材にも注目しています。?

ソファメーカーの開発担当者は、「ソファの上でリラックス」と言ったモチーフでソファの開発に当たっていたそうです。そんな思いでソファ開発に取り組んでいるうちに、いきついたソファの素材はソファの素材として御馴染みの革や合皮ではなく、ファブリックだったそうです。

ソファの場合、ソファに座ったときの包み込むような感触や、或いはお尻が滑らないようなソファの適度な摩擦は、くつろぎの大事な要素となります。更にソファの場合、言うまでも無くソファを利用する人にとって直接肌に触れるものです。だからこそソファの肌触りにもこだわっています。リラックスには重要ですね。

従ってソファの素材として、所謂リネンを中心とした天然素材を使用しています。?またこのソファメーカーの場合、ソファに使用している生地は上質の天然素材で織られています。またソファの生地も国内の生地メーカーから支給してもらっています。ですからソファのユーザー、消費者は安心してリラックス出来る様になっています。

↑ ページの上部へ

注目サイト
オールアバウト
http://allabout.co.jp/
パワーストーンビーズ、ブレスレットの卸販売 仕入れ問屋
http://www.purestone.jp/